全国対応可。創業昭和25年の羽田製麺は全国約300件以上のお客様とお取引させて頂いている生麺に特化した製麺所です。

(株)羽田製麺

ブログ・お知らせ

ホーム > ブログ・お知らせ

二本松「しん蔵」様にて

福島県の二本松市内にあるこちらのお店。
今回は今年オープンしたばかりの新店「しん蔵」様へお邪魔しました。

 

ご主人は某有名店での修行を経て、念願のラーメン屋を開業しました。
以前から付き合いがあったので、開業するとお話があったときは胸躍りました(´ー`)

 

image1

 

さて、今回注文するメニューはこちら
お店一番のおすすめ「田舎の醬油(煮卵トッピング )」です。

 

image2

 

注文後数分で着丼。とても見栄えがいいですね。
スープは鶏の風味豊かで、とても優しい味に仕上がっています。
煮卵は写真で見て分かるようにトロットロです。よだれが止まりません(゜o゜)
チャーシューは贅沢に三種類、鶏モモ、鴨、豚ロース、どれも丁寧に調理されております。
麺に関しては弊社特注麺!ご主人からの指定の小麦粉で一から作り上げました。
優しいスープの邪魔をしない相性の良い多加水麺に仕上がりました。

 

ごちそうさまでした。
皆様も福島へお越しの際は是非「しん蔵」様へお立ち寄りください。

祝開店 その名は『ひよこプリン』!

一日中暑かった日も終わり、夜は大変過ごしやすい時期となりました。

今回は先月オープンしたばかりのお店「ひよこプリン」様をご紹介したいと思います。
え?プリン?と皆様の頭にクエスチョンマークが出ていると思いますが、れっきとしたラーメン専門店でございます!

落ち着いた頃に店内でプリンを販売する予定 + ラーメン屋さんとしてはまだまだひよっこという意味から「ひよこプリン」という店名になっているそうです( ..)φメモメモ
・・・が!これがまったくのひよっこではございません!とんでもなく美味しいです!

 2回目の訪問の私が、今回いただいたラーメンはこちら

image1   image2

白ラーメン(豆乳)の温玉トッピング!
待つことすぐにお待ちどうさまですとラーメンが来ました。
これがとっても綺麗で驚きました!
スープは豆乳ベースということもあり、まろやかでコクがあり甘旨なスープとなっております。
温玉をトッピングして正解でした。いっそうコクが出て洋風スープさが増しました。
玉ねぎが食感のアクセントになり、たまらないです!
麺はひよこプリン様特注の全粒粉入りのモチモチ麺!弾力がありスープとのバランスが絶妙!
もちろんこんなにおいしいスープは完飲(´ー`)

ごちそう様でした!
次回は汁なしを食べてみたいと思います(^^♪

22image1  image3

煮干王国青森 弘前市[Rcamp(アールキャンプ)さん]にて

IMG_20180615_130531

濃厚津軽煮干系のお店がひしめく青森県で、まるでカジュアルカフェのような見た目と内装で、濃厚鶏白湯煮干ラーメンが人気の、弘前市[Rcamp(アールキャンプ)]さんにいってきました。

このお店は今年2度目の移転、現在の共同駐車場の広い和泉2丁目に新装開店しました。同じ駐車敷地内にはセブンイレブンやブックオフがある交差点の一角ですので、入りやすくとても駐車しやすいです。駐車場をどんどん広げざる得ないのは人気店の宿命ですね。

このお店は青森本来の津軽煮干し系ではなく、ニューウェーブ系な感じの濃厚鶏白湯煮干ラーメンを提供している弘前の人気店です。移転の度に新しいメニューが加わって現在はこの↓個性的な3品目になりました。

IMG_20180615_125016

定番の「濃厚鶏白湯煮干」も魚介たっぷりの「ASARI」もいいですが、今回は「SAKURA」にしてみました。濃厚なエビクリームスープ(ソースかな?)に極太麺の組み合わせ、具材が自分も大好きなアボカドと小エビいうのが斬新です。チーズもたっぷりのって、まるでクリームソースパスタの「アメリケーヌ」みたいですね。

IMG_20180720_110926

味は見た目通りで期待を裏切りません。海老の旨みたっぷりの濃厚スープが極太麺によく絡み、トッピングのアボガド、小エビとの相性良く、たっぷり乗ったチーズがすべてをまとめあげています。これもラーメン?と思える仕上がりですが、海老ラーメン好きの方にも、クリームソースパスタ好きの方にも大満足の一品だと思います。ラーメンとしては、今まで濃厚な煮干、とんこつ、鶏骨ラーメンをいろいろ食べてきましたが、間違いなく東北では最強濃厚海老ラーメンですね。ごちそうさまでした。

所沢市「まるふじ食堂様」にて

梅雨空が連日続く今日この頃、梅雨明けが待ち遠しいですね。
本日私が訪問したお店はこちら!

image1

埼玉県所沢市にあります。「まるふじ食堂様」
今年の1月にオープンしたばかりのお店です。

ご主人の出身が福島県ということもあり、縁あって弊社の麺を使っていただいております。

今回いただいたのは、まるふじ食堂様一押しのランチセット(牛スジご飯)

image3  image4

スープは鶏の風味と醬油のキレが合わさっており、あっさりの中にしっかりとパンチが効いております。
麺は弊社多加水手揉み麺。スープとの相性抜群です!
チャーシューは豚肩ロース。これがまた大変美味しくて、良く煮込まれたお肉は口の中でホロホロと溶けていきます。

7image

セットの牛スジご飯のお肉も、甘辛く良く煮込まれており、口の中で溶けていきます。
お米に関しても福島の厳選米とのことで、こだわりを感じられます。

美味しく完食させていただきました!ごちそうさまでした。

「ミシュランガイド」に載った「長町ララガーデン」のあのお店

新メニューが始まりましたと聞いて、「三井ショッピングパーク・長町ララガーデン」内のレストラン街ララダイニング3Fにある麺匠玄龍ララガーデン長町店」さんにいってきましたo(^▽^)o 駐車場は「長町ララガーデン」だけでも立体が4階分あり、3時間無料なのでとても便利で週末でもなければお店までスムーズにたどり着けます。お隣の「モール長町には地下鉄の駅も入ってるので、公共機関での来店もいいですね( ・∀・)b

IMG_20180510_173804

麺匠玄龍さんといえば、あごだしを使った醤油ラーメン濃厚な味噌ラーメンが2大人気でリピーターが多いですが、今回の目的はこれ!「限定伊吹」!!

IMG_20180510_164903

香川県産の伊吹煮干を贅沢に使った醤油ラーメンでした。ラーメンが届くとすぐに伊吹煮干の風味がダイレクトに香ります。まずは一口スープをいただくと、エグみはまったくなく、上品な旨みばかりが口いっぱい広がりました。これは魚介好きにはたまらない一品です。合わせる麺は、絶妙な固さの平打ち麺でスープの吸い加減もからみも丁度よく、とてもバランスよくしあがっていました。ほぼ和食の世界と思えるような久しぶりの極上品、感激しました!!!

IMG_20180517_125239

後日談になりますが、麺匠玄龍盛岡店さんにもおじゃましてきました。するとこちらでも「伊吹」を曜日限定ではじめているじゃないですか(*゚▽゚*)食べたい!!と思ったんですが、丁度人気限定品「水曜限定のどぐろ」「金曜限定伊吹」のあいだの木曜日に来店してしまい、あごだし醤油ラーメンをいただきました。こちらもいつもながらにとてもおいしくて、本当にぜいたくで、魚好きにはたまらないメニューラインナップだなぁ・・・なんて考えなが最後までスープを飲み干していました。ごちそうさまでした!!

IMG_20180517_125247

IMG_20180517_124124

 

ヤフーニュースに載ったあのお店

ヤフーニュース」に載ってると聞いて、仙台市青葉区 連坊 にある、お店の名前も地名そのままのラーメンハウス・中華食堂「れんぼ~」さんに行ってきました!!お店に駐車場はなく、ちょっと離れた大通りにコインパーキングが二箇所あります。電車の方は、仙台市地下鉄東西線 連坊駅 のすぐ近くです。

IMG_20180424_140321

ヤフーニュース」に載った話題の元は、「週間文春」にも紹介されたこの本「名門高校の青春グルメ」でした。この本の中で、仙台市の名門高校「仙台一高」の青春グルメのお店として紹介されていたようです。

IMG_20180424_133445

横浜中華街出身 のご主人に一番人気を尋ねると、店頭にのぼりも出してる「サンマーメン」ということでしたが、近隣の学生に限定すると「ホイメン」が不動の一番人気のようなので、今回は「ホイメン」をお願いしました。しかし、本当にメニューが豊富でリーズナブル!!「青春グルメ」なのがわかりますね\(^^)/

IMG_20180424_140146

ホイメン」とは名前の通り、ホイコーロー+味噌ラーメンです。八丁味噌で仕上げたホイコーローと味噌ラーメンのW味噌で、たっぷり入ったお肉や野菜にもしっかり味が染み込んでいて、濃厚で贅沢な味わいでした。それになめらかで弾力のある縮れ麺がとてもよくあっていました。学生に聞いて来店したと言っていた学校関係者らしき方々も、皆さん「ホイメン」を食べていました。

IMG_20180424_131615

学生さんなら、これにチャーハンや中華丼なんかをセットで食べちゃんだろうなぁ・・なんて思いながら、自分は「ホイメン」一杯で十分満足しました。ご馳走さまでした!!次回はぜひとっても気になるけど、店主が中味を教えてくれない「ビンビンメン」を試してみたいと思います!!!

 

雑誌『dancyu』4月号にて

プレジデント社が発行している食関連の月刊誌『dancyu』4月号に、なんと辣椒漢様が掲載しました!
『dancyu』とは、食を楽しみたい人のための月刊誌であり、食に関連したテーマをこだわりを持って追及し取り上げている雑誌です。
名前の由来は「男子厨房に入らず!」から取っており、男のための雑誌となっております( ..)φメモメモ(ネット調べ)
辣椒漢のオーナー様も大変喜んでおりました!
是非是非!『dancyu』が認めた汁なし担々麺を食べに行ってください(^O^)
 無題 image1

 

いわき市「らぁめん大門」さんにて

今シーズンの冬は本当に寒いですね。
雪も多くて大変ですが、弊社がある福島市は12月から2月の
平均気温だけでみると「平年並み」の寒さだったようです。
寒い日と暖かい日の温度差があったため、特に寒く感じたのかもしれません。

今回はいわき市の「らぁめん大門」さんにお邪魔しました。
いわき市は福島県の南東部で海沿いにあり、冬でも温暖で雪も少なく
車を運転する身としては非常にありがたいかぎりです。早速お店を訪問。

大門①

店内は地元の学生やサラリーマンで賑わっています。
早速券売機で食券を購入、「醤油ちゃあしゅう」を選びました。
カウンター越しに厨房を見ると、大きなチャーシューがゴロゴロ。
隣のサラリーマンは、ラーメンを食べる前に丼に盛られたチャーシューを
バーナーで懸命に炙っています(゚Д゚ノ)ノ

そんな光景を見ながら待っていると到着しました。
こちらが「醤油ちゃあしゅう」です。

大門②

丼いっぱいに広がったチャーシューが圧巻です。
一口食べると、しっかり味付けされており脂身はトロトロ
期待通りのおいしさです!!!
次にチャーシューをバーナーで炙ってみます…
香ばしさが引き立ちます!!!!
このボリュームですから、途中で味の変化を楽しめるのは嬉しいです。

豚骨ベースのやや粘度のある醤油スープとストレート麺の一体感もいいですね。
ご主人曰く、麺とスープの相性をいちばんに考えて開発したスープとのことです。
麺を啜ると魚介の風味も感じられて、奥深く飽きの来ない味です。

ビジュアルから「こってり」したラーメンという印象を持ちましたが
食べ進めると決してそれだけではない「美味しさ」がありました(^-^)
ごちそうさまでした。

板橋区「大木(タイボク)」さんにて

年の瀬も押し詰まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。

さて、29年最後に紹介するお店はこちら
東京都板橋区の「大木様」!!

大木3

激戦区板橋にて存在感たっぷりの山形らーめんのお店です(‘◇’)
今回注文したのは「ネギらーめん」

大木2

スープは牛骨清湯スープ(*‘∀‘)
あっさりしていますが大変深みがあり、いつの間にか完飲してしまいます(笑)
チャーシューの代わりにあるものが、ローストビーフ(チャーギュー)です!
これがたまらなくおいしい!
肉質は柔らかく、噛めば噛むほど旨味を感じ、麺やネギと合わせて食べるとさらに美味しさが増します!
麺は多加水ちぢれ麺(^O^)
手揉みされているので、よりスープを感じることができます!
大変おいしかったです。ごちそうさまでした。

大木

 

豊島区「辣椒漢駒込店」さんにて

今回ご紹介するお店は辣椒漢駒込店様です。
東京の駒込駅から歩いてすぐの線路沿いにある坦坦麺の専門店です。

IMG_1241

メニューにはそれぞれ辛さが記入してあり、とても分かりやすくなっております
今回も、私がいつも注文している看板商品の「正宗坦坦麺」を頼みました。

IMG_1244

具は肉味噌、カイワレ、青ネギ、ナッツです。
たっぷり混ぜてからいただきます。
山椒の香りがとても食欲をそそり、たまりません!!
辛さは控えめですが、代わりに痺れと肉味噌の旨味が広がります!
カウンターに置いてある花椒粒を入れると、さらに痺れが増しますので、私はいつも後半に投入しています。

とても美味しかったです。ごちそうさまでした。

こちらのお店は神田店と駒込店がありますので、是非近くにお立ち寄りの際は食べてみてください。

1 / 1212345...10...最後 »

最近の投稿

月別投稿一覧

そば香房 佐吉

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

株式会社羽田製麺
株式会社羽田製麺
〒960-0112
福島県福島市南矢野目字下柳田6-8
FAX 024-554-2926

024-554-2470受付 9:00~18:00 日曜定休

メールでのお申込みはこちら