全国対応可。創業昭和25年の羽田製麺は全国約400件以上のお客様とお取引させていただいている生麺に特化した製麺所です。
ご相談・ご質問などお寄せください
024-554-2470
[受付] 9:00~18:00 [休業] 毎週日曜

Q&A

ホーム > Q&A > 多加水麺と低加水麺の違いは?

多加水麺と低加水麺の違いは?

加水率30~35パーセントを標準として、これを越えると多加水麺、下まわると低加水麺に分類されます。
加水率が低いと硬く歯ごたえがありスープが絡む麺になり、加水率が高いほどグルテンが形成され、なめらかでもちもちとした弾力がある麺になります。